天空の光

“社会との繋がりと

もう一つの選択肢”

<目 的>

① 社会への橋渡しとなること。

学校に行けない事で、家に閉じこもるなんて勿体ない。

世界は広いし、色んな人がいて、沢山の楽しいことが待っている。

大人になった時に堂々と社会と向き合えるように、

優しい「社会との繋がり」を作っておいてあげたい。

② 子供達の「選択肢の一つ」になること。

学校や自治体も居場所の提供をしているけど、

行政が出来ないことに踏み込める学校でありたい。

学校の保健室が過ごしやすければそれでいいし、

行政のサービスが合うならそれでいい。

うちの学校が合うならそれでもいいじゃない。

子供達に選択肢を。